【ソーホー出店に際して⑥:直火に強い器としての楽焼】

【直火に強い器としての楽焼】

黒楽焼成においては、1200℃程の窯から作品を取り出します。この際に、作品は急冷されることとなります。この急冷の際に破損しないように、急冷に強い砂や小石をふくむ、荒い土を用いるのです。

このような、熱に強い荒い土で制作する器という特性を生かして、楽なべや楽コンロなど耐熱性を求められる器を制作しております。

正直なところ、ご家庭で使っていただくにはいささか難がございますが、楽なべ/楽コンロでしか生み出すことのできない、空気感があると思います。業務利用を想定して多数のご購入を検討されている場合には、試用していただけるようにサンプルをお届けいたしますので、お気軽にお問合せください。

 


京都府京都市

楽焼は、桃山時代に茶道のために生まれた焼物です。
元々は、抹茶盌を中心に制作されてましたが、次第に懐石の器なども制作されるようになってきました。

このサイトでは、懐石の器を中心に扱います。
日常使いとして、気軽に扱っていただける器ではないかもしれませんが、
その器を使っていただくことで、非日常を感じていただけるような器を制作していきたいと思います。